婚活パーティー7-1 会場は高級ホテルの催事場

カップリング無双状態で挑む、婚活パーティー7回目。
会場は人生一度も訪れたことのない、これからも訪れるかもわからない高級ホテル。
ビュッフェスタイルの大人数パーティーでした。
男性15:女性14の過去最大人数でした。

広告

場所柄なのか?何かきれいな方が多いね!(婚活パーティー活動編)

披露宴会場を貸し切り、装飾も綺麗な会場。
雰囲気も相まって、女性参加者も煌びやかに映りました。
進行の流れは、一人づつ5分お話した後、フリータイム形式の立食となります。

一応、初めて参加する運営会社はHPなどで調べるようにしています。
主に5分のトーク×2回が私の地域ではスタンダードです。
特に気を付けるようにしてるのは、「フリータイムのあるなし」

理由は過去にフリータイム形式で感じたのは、「出遅れると致命的」と感じたからです。
ようするに早い者勝ちなので、モタモタしているとお目当ての方と一度も話せない状況になります。
私は前回たまたまお気に入りの方と元の席が近かったので、フリータイムになってもすぐに近づけました。
なのでフリータイム中はほぼ独占できました。(カップリングにはならなかったけど)

たぶん私の他に話したいと思っている男性もいたと思います。
途中での割り込みや順番待ちもパーティーごとルールがありますが、基本的に早く行ったものが有利なんです。
なのでフリータイム開始前に、お相手の居場所を確認したり近距離にスタンバイするぐらいの「戦略」が必要になると思ってます。
これを聞くと必死過ぎる、がっついてると思われるかもしれませんが婚活の世界は、
「弱肉強食の競争世界です」

私は後輩や他の人に「勝ち負けにはこだわらない方が良い」と言ってましたが婚活市場は別。
もろに競争の世界です。
他者との比較、むしろここがメインといっていいほど勝負の世界。
人間性がクソでもイケメン顔や年収でもっていかれることなど日常茶飯事。
自分は絶対こいつよりは人柄は良いはず、優しいのだと思っても平気で覆ってしまう残酷な世界です。

何度、悔しい思いをしてきたことか・・・
だから容姿で勝負しても勝てないのは自覚したので、内面を知ってもらえるようお話に懸けるしかありません。
そのためには一分でも側に行き話すことが大切になってきます。
ですのでフリータイムは最初のスタートダッシュにコケてしまうと、あとの時間路頭に迷う恐れ大なのです。

事前に運営会社をよく調べてみると、どうやら地元の結婚相談所が主催するパーティーとわかりました。
これは後からわかるようになる事ですが、参加者の多くは会員さんのようです。(男女とも?)
確かに言われてみれば礼儀やマナーがちゃんとしてる方が多い印象ですね。

広告

女性参加者のボリュームゾーンは(32)~(34) 自分にはやや不利か・・・

女性の最年少は(28)、最年長は(43)と幅広かったです。
平均すると(33)ぐらいでしょうか。
自分の年齢からすると約10才近く歳が離れているので、難しいのかな・・・と思いました。

いや、私個人としては全然問題ない!
が、お相手が問題あるって話なのです。
初めの頃は年の差は関係ないと思ってましたが、現実は現実として見過ごすわけにはいきません。

関連記事

現在、私は5才以下ぐらいの年下を女性を探しています。 個人的な希望は自由だけど、実態はどうなっているのか? やはり客観的なデータを参考にするのが確実です。 以下、彼との年齢差の実態データです。 [outline] 幻想から現実へ([…]

Couple
一生懸命、若い子へと頑張っても玉砕するケースがほとんど。
だんだん「身の丈」がわかってきています。

それでもはなから諦めてはいけないと思っているので、積極的にお話しました。
10才違うというのは、
自分が20才の時に、まだ小学生ですよ。
世代間ギャップがあるのは避けられませんが、
「結構、普通に話せます」

初めての頃より、話せるようになった、気づいたら話せていたような感じです。
昔なら話が合わないと決めつけていたけど、今は気になりません。
知らず知らずのうちに、話術も上達してきているのかもしれません。

多かった話題:
「ジムに通っているんです」
「神社、仏閣巡りが好きです」
「御朱印集めが趣味です」

まぁ自分としてはまったくやったことのない世界。
それでも「楽しそうですね」「どういうところが魅力ですか?」などと話は膨らませられました。
他にも地味めな女性が、

(32)
ロックが好きで、ハイロウズが大好きなんです!
Hi・roze?ですか。
ちょっと知らなかったです。
え、もしかして甲本ヒロトのハイロウズですか?
そうです、そうです!
CD全部持ってますよ。
えーそうなんですね。
でも世代じゃないと思うんですけど意外ですね。

THE BLUEHEARTS、THE HIGH-LOWS、ザ・クロマニヨンズ
このあたりはずっと大好きでした。
世代じゃなくてもファンなんてこともあるんだね。
意外な話題にテンションも上がってしまいました。
年齢は違っても共通の何かがあるってのは良いですね。

やっぱりイメージや決めつけは良くない。
男ウケを狙って書いたのかな?とか思ったけど、こういう疑いの目で見るのは一番ダメ。
信用する、素直さ、これが自分に欠けているところなのでしっかり改善せねば。

一周すべての方とお話をしました。
今回はややテンションの高めの司会者がマイクを使って進行しました。
なのでパーティー、イベントといった雰囲気でいつもの会議室とは違い楽しい雰囲気でした。
よし、次は立食形式のフリータイム。
最初のポジションが大事、スタートダッシュの準備です。

ハイロウズさんも候補ですが、おそらく年齢的に厳しくなりそう。
狙うはジャスミンティーが好きと言っていたジャスミンさん(37)の一択!

twitterフォローもお願いします!
咲き誇れ婚活!まつたけ:@konkatumatutake

下のコメント欄からもご意見ご感想お待ちしております。
活動や記事作成の参考にさせていただきます!
記事一覧はコチラ

ブログランキング参加中です。現在は何位?

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

>