婚活パーティー7-2 フリータイム、痛恨のスタートダッシュで出遅れる

ジャスミンさん(37)
小柄で目が大きく、上目遣いが印象的な方。
お話の中でジャスミンティーが好きとの事。
「あ、そうなんですね!私もジャスミンティーが大好きなんです!」と、大ウソをぶちかましている。
いいんだ。
今日から好きになるのだからまったくのウソではない。

広告

司会者の余計な計らいで出遅れる(婚活パーティー活動編)

「では、これよりフリータイムとなります」
OK,、知ってる。
「では、一番端の方からドリンクをお持ちになってください」

バーカウンターみたいなところへ好きなドリンクを各自取りに行けと。
「では端の方から、ホラ、ホラ早く、後ろが詰まっちゃうよ、ホラ」
一番端って自分の事?
そんな事よりジャスミンさんの所へ行かなくては!
あたふたしてたら司会者に腕をグッーって掴まれドリンクスペースへ強制移動。

すでに後ろの方ではガヤガヤお話が始まっている。
早く、急がねば。
バーカウンターのお姉さんが、「お飲み物は何になさいますか?」
アイスコーヒーで。

「お砂糖とミルクはいかがなさいますか?」
(いい、いい。早くして欲しい)
高級ホテルだけあってコーヒーも豆から機械で煎れるタイプ。
そしたら何やら機会がピーピーいってエラーになってる。
コーヒー豆が終わったらしくでかい袋で補充してる。
おい、おい、何で一杯目から豆切れ?

ジャスミンさんを気にしながらせわしなく待つ。
結局、アイスコーヒーだけで3~4分待たされるハメに。
勘弁してよ。
いつものパーティーならドリンクもセルフで紙コップと2リットルペットがドンと置いてあるだけ。
そう考えればとてもサービスの行き届いた良い会場だったけど、状況がね。
慌ててジャスミンさんのところ行くも時すでに遅し。
先客がて楽しそうに話していました。

「完全に出遅れたぞ」
とりあえずジャスミンさんの隣に行き、お話できそうなタイミングを見計らう。
ちょっとお話よろしいですか?と割り込むのも考えた。
でも話の途中で遮るのも失礼な奴と思われるかもしれないので、どうにも動けない。

そんな感じでモタモタして、周りを見たらどんどんペアになって話している!
ああどうしよう・・・
とりあえずここにいても話は終わりそうもないので、ビュッフェの食事を取りに行く。
戻ってきてもまだジャスミンさんは話している。
仕方なく、飲んだり食べたりしてみたけど何にも味もしない。
これは困ったぞと、途方に暮れていたら司会者の方が声をかけてきた。

広告

二度目の司会者の計らい

「おい、あの子どうだよ?」
そう言いながら顎で合図する。
う~ん、ちょっと正直タイプではない。
「話してみねぇとわからんからな。たぶんつり合いとれてるよ」
「ちょっと待ってろ、俺が話付けといてやっから」

こんな感じの話し方で、良く言えば面倒見の良い兄貴肌の人。
あたふたしてる姿を見てフォローしてくれているようだ。
フリータイムだからあとは勝手にどうぞではなく、きちんと目配せしてくれるのはとても良いと思いました。

兄貴が連れてきてくれたのは、私と同じぐらいの体型の(44)の方。
う~ん、そうかぁ。
つり合いとれてるか、そうかぁ、そうだよな・・・
ハッキリ言ってタイプではない。
年齢的にも子供が欲しい自分にとっては条件が合わない。
でも話せますよ、普通に楽しく話せます。
露骨に態度には表しません。
ずっと横目でジャスミンさんを気にしながら。

すると、ジャスミンさんに張り付いていた男性が離れた感じ。
「ここだ、今しかない!」
すかさず、ちょっと食事を取りに行ってきますと話を切り上げます。

どうも、まつたけと申します。
何かデザートがあるらしいですよ。
ジャスミン
え、本当!食べた~い!

か、かわえ~。
デザートとかで無邪気になる感じがもう最高!

一緒に行きましょ!

デザートテーブルは人気らしく人が集まり始めている。
二人小走りで行きました。
前の人から順番待ちの時、

あ、あんみつがあと1個しかない!
あ、本当だ。
ちょっと待って!

いくつかデザートがある中、あんみつが好きらしい。
覗き込むとラスト1個。
ここはすかさず手を伸ばし、最期のあんみつを取ってあげました。

わー、やったー!
ありがとう。

あーもう、やったー!とかかわいい。
かわい過ぎる。
昔からこういう無邪気なタイプが好きなんです。
お付き合いいてみると結構あとあとしんどくなるんですが・・・
きっと一緒に生活を共にするなら、じっかり精神的に自立した方が良い。
何か懐かしい感情が蘇って、舞い上がっていたと思います。

すごいおいしそうに食べるんだね。
うん、大好きなんです。
最後の1個でしたね。
あ、私だけ・・・一緒に食べます?
はっ!だ、大丈夫ですよ。
お、お腹いっぱいなんで。

い、一緒に!?
その瞬間、体がポーッと熱くなり、背骨が真下に全部抜け落ちた感覚。
今にも膝からガクッと崩れ落ちそうで、もう立っているのがやっと。
完全にやられてしまいました。
もう後の記憶がありません。

幸せなフリータイムも終わり、最終投票です。
振るえる手を抑えながら、第一希望はもちろんジャスミンさん。
第三希望まで書いたけどもう覚えていないほど意識が膿漏(もうろう)としてましたね。

twitterフォローもお願いします!
咲き誇れ婚活!まつたけ:@konkatumatutake

下のコメント欄からもご意見ご感想お待ちしております。
活動や記事作成の参考にさせていただきます!
記事一覧はコチラ

ブログランキング参加中です。現在は何位?

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

>