話上手より聞き上手か。なるほど勉強になるな

今までを振り返ると、自分とお相手の話す割合は「7:3」ぐらいだろうか。
ほとんど自分が話していることになる。
話が上手い人より、聞くのが上手い人の方が、好印象らしい。

広告

印象に残すために話続けていたかも(気づきと学び編)

今までの自分の感覚では、
・アピールするため
・印象に残るように
・大きな声で
・面白い話題
・インパクトがある

こんな話し方でした。
面接やオーディションを受けるような感じでしょうか。
どうやらペラペラ話す男はあまり印象が良くないらしい。

でもとてもよくわかる。
知人で一方的に喋る人がいて「まぁよく喋る奴だなぁ」と心の中で思うことがある。
話の内容もあまり入ってこないし、一緒にいて疲れてしまいます。
「そうか、自分もそんな感じに映っていたのかも」

それまで自分なりの理論では、
年齢の立場から見れば、見た目も年格好も似たような人が回転寿司のように巡ってくる。
綺麗なマグロ、腐ったマグロ、干からびたマグロ、静かなマグロ、脂ののったマグロ等

そんな似たような人の中で、一際目立つというか印象に残る方が良いと思ってました。
話の内容も冷静に考えれば、あんな事ができます、こんな事知ってます、自分はこんなにすごいです。
自分を客観的にみれば「自慢と知識のひけらかし」が多かったと思いました。
言うなれば「大きな音を出す大きな肉の塊」か。
もはや人ではないw

これが一番やってはいけないらしいですね。
実は「聞く」というのは苦手ではありません。
前職はパチンコ店の店長をしていまして、よく人間関係で悩む従業員の話を聞いていました。
泣きながらバックヤードに飛び込んできて、「どうした、どうした?話聞くからこっちおいで」と相談に乗っていました。
その時は、こうした方が良いとかは封印してひたすら聞く。
善悪は置いておいて、「そういう気持ちだったんだね」「それは辛かったね」とすべて受容する姿勢です。
完全に「聴くモード」です。
特に具体的なアドバイスをしなくても、最期には満足そうに落ち着いてくれました。
こんな感じで良いのかな?

広告

人の第一印象を決める3つの要素とその割合

基本的に女性から積極的には話してきません。
なのでプロフィールから趣味などの話題を投げかけて、帰って来たものを受け止める。
受け止めて話を広げる感じが良いとの事。
うん、これは意識すれば出来そうか。

確かに今までカップリングしたり、うまくいったした時の会話は女性がよく話すケースばかり。
あ、すいません話過ぎちゃいました、夢中になってしまいましたなんて言葉も聞かれた。
相手に話させるような空気を作れば良いと。

人の第一印象を決める3つの要素とその割合
1・視覚(見た目)  55%
2・聴覚(声)    38%
3・言葉(話す内容)  7%

だそうです。
驚いたのは自分が一生懸命に注力していた「話の内容」についてはわずか7%!!
言われてみれば確かにそうだったかも。

聞き上手になれば、たとえ自分の話をしていなくとも好印象になりやすいのか。
視覚(見た目)ってのが引っかかるが、それは努力で何とかなる?か。
とりあえず会話の割合を女性メインに。
5:5ぐらいになるように意識しようと思う。

よし、これからは「聴くモード」で接する!
間違っても自分のことを話し続けないこと。
今までは話の内容にばかり注目していました。
調べてみるといろいろな発見があるので、少しづつ勉強していこう!

★コメント欄は下にスクロール!★
ご意見ご感想お待ちしております
婚活経験者、既婚・独身問わずアドバイスをお聞かせください。
活動や記事作成の参考にさせていただきます!
記事一覧はコチラ

ブログランキング参加中!現在は何位?

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

>