婚活パーティー10-2 パーティー終了後、夜危ないのでお車でお送りしますよ!

全員と5分お話したあと、4人単位でボックス移動するタイプのパーティーでした。
食事もありお酒もあり、居酒屋のような雰囲気。
4人単位などテーブルスタイルが好きな人、苦手な人、好みは分かれますね。

広告

カップリングや最終投票がないタイプ(婚活パーティー活動編)

男性2人、女性2人の4人単位で約20分間お話してボックス移動します。
婚活パーティーは1対1でお話が基本です。
こういう形式は珍しい方だと思います。
斜め前の方ともトークもできるので、いつもと違った他の方を巻き込んだ話題作りが必要です。
幸い、女性陣はペアで来ていたので話が振りやすくスムーズでした。

自分とペアになった男性は、イケメンだがどうかしてる登山男。
もう最悪です。
気の合う仲間みたいな調子で絡んできます。
目の前の女性に向けて話せばいいのに、いちいち私に同意を求めてくる。
女性に奥手なのはわかるけど、こういう時こそ目を見て素直に自分を表現すればいいのに。

相変わらず山が山が言ってる。
(もういいって)
そんなに山が好きなら今から行っておいで。

不器用な奴だけならまだしも、だんだん私の事をイジってくる始末。
登山男(「デブの私を見て)スポーツとかは・・・やらないですよね」
ほっ、そういう感じ?
いいよいいよ、人をダシに使うタイプか。
自分の強みの一つは「寛容さ」、そんなことで怒ったりキレたりはしません。

自虐ネタやデブいじりで話は盛り上がったようです。
これが女友達と普通の食事なら良いけれど、婚活なので微妙な気分。
女性もケラケラ笑ってるけど、何か辛い気分ですね。
今日は厳しいパーティーだなと諦めてました。

そんな友達同士で来ている女性の中、一人だけ一人参加の方がいます。
工場勤務のおとなしい感じの方(30)
ジャニーズのKing&Princeが好きみたい。
その話をする時だけ楽しそうに話す人。
うちの姪(中一)が好きで一応名前は知ってる。
ジャニーズ好きとかどうなのかなとは思うけど、趣味は人それぞれです。

キンプリさんは、一人参加もあってグループトークは馴染めない感じでした。
ここはすかさずフォローします。

大人数だと話しづらいですよね。
僕も少人数の方が良いですから
キンプリ
あまり賑やかなのは私も苦手なんです。

キンプリさんはワイワイやる周りの雰囲気に圧倒されてました。
とりあえず話はあのうるさい登山男に任せて、キンプリさんが寂しくならないように長めにお話をしました。
怯えているのか声が小さいのが印象的でした。

全員と連絡先交換をするタイプのパーティーでした。
条件が合わなかったり、明らかに脈がない方のLINEを聞いても困ります。
これは女性も同じだと思います。
なので私は連絡先交換はせず「もしよかったらご連絡ください」と名刺を渡しています。
連絡先を聞いたら今日はありがとうございました的なものも送らないといけません。
女性も返信しなくてはいけないし、まったくナイ人の連絡先が増えるのも嫌だと思います。
名刺を渡しておけば、もし気になっているなら連絡するしないは女性が判断できます。
連絡がなければ私も察しが付くので、角が立たない良い方法だと思ってます。

男性陣はみんな交換していました。
女性陣も私はいいですとも言えないので交換していましたね。
こんなに人数いて誰だ誰でどんな人か覚えてるものだろうか?
自分はご縁がない人とやり取りはしない方が良い派です。
女性もその方が良いと思ってるはずだけど、賛否は分かれますかね。

広告

雨降っているんで、駅まで車で送ります!

連絡先交換が終わったらここで解散です。
もう夜の9時はまわっている。
外に出ると雨が降っています。
自分はいつも通り車で来ているので問題ありません。
帰ろうとした時、ちょうどキンプリさんが店を出るところでした。

雨すごいですね!
今日は何で来られたんですか?
電車で来ました。
えっ、ここから駅まで30分ぐらいかかりますよね・・・
もしよかったら、私車なんで駅まで送りましょうか?
え、あ、いいんですか?

とっさの思いつきでキンプリさんを駅まで送ることに。
いや、思いつきではないかも。
あわよくば、変な意味でなくこれをきっかけに仲良くなれたらと思ったから。
でも年齢もひとまわり近く違うし、厳しいだろうなとは思ってましたが。
正直あわよくば7、人の力になっただけ3でした。

雨も激しくなってきて、一緒に駐車場まで行くのも大変です。
ここで機転を利かして、

濡れちゃうんで、ここで待っててください。すぐ車持ってきます!

会場隣のコンビニで待ってもらうことに。

寒くないですか?何か飲み物買います?

 

あ、大丈夫です。ありがとうございます。

私は「気が利かない性格だ」と今まで思っていたけど、なぜか紳士的に対応ができた。
自分が興味ある人には凄まじい気遣いができるのかも。
逆に関心のない人にはここまでできないのかもしれません。
本当に「気遣いのできる人」というのは、誰に対しても気遣いできる人なんだと思う。
あとあとになって自分の本性を再確認しました。
私は決してやさしい人間ではない。

車で駅まで送る予定だったけれど、電車を降りてからも家まで歩くらしい。
「このまま家の近くまで送りますよ。その方が時間も早いですから」
と、キンプリさんを家の近くまで送りました。
事前情報では、女性は初対面の人に住所を知られたくないものらしい。(みんなそうですね)
なので近くのコンビニに送りました。

すみません、わざわざありがとうございました。
いえいえ、自分も帰り道なんで大丈夫ですよ!

と、ここでお別れしました。
ちなみにキンプリさんの連絡先は聞いていない。
ただ帰るのが大変そうだったので人の力になれた、こういうこともあって良いだろう。
これっきりでも何も悲しいことも、悔しいこともない。

「夜危ないから、家に着いたら連絡ください」とか、自然な感じで言おうと思ったけどやめておきました。
何でもかんでも男女を意識してはいけないですし。
キンプリさんから連絡来る2、これでさよなら8で帰りました。

1時間ぐらい、家に着く頃・・・
キンプリさんからLINEが!!

twitterフォローもお願いします!
咲き誇れ婚活!まつたけ:@konkatumatutake

下のコメント欄からもご意見ご感想お待ちしております。
活動や記事作成の参考にさせていただきます!
記事一覧はコチラ

ブログランキング参加中です。現在は何位?

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

>