女性との会話で、自分は「上から目線」である。しかも自分では気づいていなかった

自分の話す「態度はどうですか?」と聞かれれば、
迷いもなく「いえ、普通だと思います」「対等に話しています」と答えてました。
でもこうして婚活パーティーに何度も行ってみて、自分は偉そうに上から目線で話していたと気づきました。

広告

他の参加男性の会話を、聞き耳立ててみてわかったこと(気づきと学び)

聞き耳というと言葉は悪いですが。
婚活パーティーで男性人数が多い場合、対面に女性がいない時はトークタイムに休憩時間ができます。
始めはボーツとしてましたが、プロフィールカードを見直したり話す内容も考えたりするようになりました。
そこで会場の形にもよりますが、意外と「隣の会話が聞こえます」
始めは、一応参加男性はライバルの形になるので興味がない、聞いても仕方がないと思ってました。
チラッと男性の顔は見る事はあるぐらいです。ある日たまたま男性の並び順が隣の男性、自分が4番で彼が5番の時にその男性が気になりました。
決してイケメンではなく容姿も体型も年齢もおおよそ私と同じ。
雰囲気も少し自分に似ているなぁと感じたので少し意識をしていました。

正直、「この人はパーティーでカップリングは厳しいだろう」と思ってましたね。
女性とどんな会話をしてるのか?どんな接し方をしてるのか?少しロックオン。
女性慣れしていないアラフォー男、どうせカップリングできない非モテくんでしょ?と。

この日、美人ですがあまり会話が盛り上がらなかった人がいました。
この女性の次の相手は、私と似たり寄ったりの見た目の非モテくん。
ほとんど一問一答の女性だったので、よほどのイケメンでない限り人が違えど会話は盛り上がるはずもない。
案の定、非モテくんが質問しても、はい、やりません、違いますぐらいしか返ってこない。
そうだろうなと思いながら会話を聞き耳立てていると・・・

「女性が楽しそうに笑い出す!」
え?自分には終始そっけない態度だったのに!?
むしろ女性の方からよく話すように会話が変わっていっている。
そりゃあ衝撃を受けましたね。
変な汗がしたたり落ちるほど。
なぜなら容姿は自分と大差ない、何なら内心まだ私の方がイケてるぐらいに思っていたわけですから。
その男性はどんな話し方をしているのか?を聞いてみると、明らかに自分とは違いました。

・女性の少ない言葉を「受けて広げる」会話
・態度は上からでもなく、かといってへりくだるわけでもない対等な態度
・100%敬語でもなく、時折ツッコミのような時はタメ口
・表情は常に笑顔
・4:6、3:7と聞き役
・どの女性に対しても同じ態度

ハッとして、耳鳴りとめまいがしてきました。
こんなにも自分とは会話が違うものか?と。

スポーツとかはやられないんですか?

こんな事は聞かれても、私は全然やらないメタボなので「やらないですねぇ」で終わり。
対して非モテくんは私と同じメタボ体型だが返し方がうまい。
「ぜひやりたいと思ってるんです!○○さん、私でもできそうなスポーツあったら教えてください!」
「わぁ知らなかったです、バトミントン良いですね!今度公園で一緒にどうですか?」
「一汗かいた後のランチ美味しいですからね」
と、非モテくんは見事に会話を広げていく。

会話もさることながら、態度や目線が素晴らしく良い。
女性の年齢は8才ぐらい下ですが、決して偉そうな上から目線ではない。
かといって、僕みたいな者が・・・みたいに下からでもない。
自慢話や能力をアピールすることもない。
教えてください、知らなかったです、うれしいですなど、私があまり使わないワードも話す。
女性と対等の目線かつ謙虚な印象を受けました。

え!?みんなこんなうまく話ができるもんなの?
自分も一生懸命お話したつもりだったけど、明らかに違いがある。
動揺しながらも中間印象カードには、この女性にも〇。
私と非モテくんは、同じだけの時間を与えられてたわけです。
それでもメタボ揃って撃沈となるのがオチかなと構えていましたが・・・

中間印象カードは、私は安定のゼロ。
非モテくんはどうだろう?と会場の時計を探すフリをしてチラ見すると「3人ぐらいから〇!!」
カップリング発表も、今回一番人気の美人さんとカップリング!!
もちろん私もその女性は書いた。
「そうかぁ・・・」とショックを受けました。
はっきり言って非モテくんは見た目だけならこの美人さんとは不つり合いです。
しかも雰囲気や年齢、体型も自分と変わらない。
しかし見た目以外のもの、自分にはないものを持っているようだ。

自分は、見た目で非モテくんなんてよくもまぁ言えたもの。
逆に自分が非モテくんですよ。
悔しさはないといったらウソになる、でも彼には完敗しました。
認めたくないけど、この差はしっかりと受け止めないといけないですから。
小手先のテクニックではない、決してイケメンではないけれど彼はきっといい奴、誠実な人なのだ。
それに引き換え、自分はなんて上から目線の奴なんだと気づくきっかけになりました。

広告

上から目線になってしまう原因

非モテくんとのあまりの違いに衝撃を受けたので、なぜ自分は上から目線になるのかを調べました。
以下10点満点。

・プライドが高い(8点/10)
・人に認められたい(8点/10)
・本当は自分に自信がない(9/10)
・知識をひけらかす(9/10)
・聞かれてもないのに助言(9/10)
・小馬鹿にした言い方(7点/10)
・否定的な言い方(8/10)
・主観的な言い方(9/10)
・自己主張が強い(7/10)

見事にハイスコアでした。
なぜなら自分はプライドが高くないと他人には見せてはいるけれど、内心高いと思う。
人に小馬鹿にされたり、年下にタメ口で話されるとムッとするところは確かあります。
婚活でもアピールという名の、過去の自慢話、知識のひけらかしをする事が多い。
聞かれてもないのに○○はこうした方が良いよとアドバイスしたりも。
でも、だけど、と否定的な言葉も無意識に出ている。

年齢やキャリア的に自分が年長者や上司になる状況でした。
知らず知らずのうちに偉そうな物言い、態度になっていたのだろう。
そんな態度でも許される環境、誰にも咎められずまかり通ってしまう日常を送ってきた。
それがいざ婚活という、過去の環境の影響が全く受けない場となると「上から目線」は際立つ。
今思えば、どこか女性を「選んでいる立場」だったかも。
自分が優位に立ちたい、マウンティングを取りたい気持ちがあるからだろう。
とても女性と対等の態度では接していなかったですね。

あまりに気になって友人に「自分って偉そうな態度?上から目線に見える?」と聞いても、
別に、何かあった?、いよいよおかしくなったか?と本当のところは言ってくれない。
もうそういう人、慣れててわからないのかもしれませんね。
初対面の人がどう感じたか?が大事だけど、まさか「あなたは上から目線ですね」なんて教えてくれない。
だから自分の態度、言動は他人から見たらどうなのか?は、
「自分ではわからない」

もちろん自分自身は「普通」って思い込んでるわけだから余計にわからない。
ただ今回よーくわかったのが、私は意識をしないと「上から目線」の印象を他人に与えるということ!!
見た目やスペックでナシとなるのは仕方ないけど、態度や印象は意識すれば変えられる部分。
きっと過去にも態度でナシ判定されたことは多いんだろうなと感じました。
実際そうだと思う。

お相手の女性は、こういうところがムリでしたなんて教えてくれないですからね。
知りたい、とても知りたい。
会話をボイスレコーダーで録って、第三者に聞いて指摘してほしいぐらい。(やらないけど)
それほど自分の事は自分が一番知っているようで、知らないものかも。

初対面で何気ない一言で悪印象を与えてしまったり、この人はない!なんて思われるのは「損」なわけで、もっと早く気づくべきでした。
ありのままの自分で勝負だ!と思っていたけれど、まず最初の段階で弾かれてしまうのはチャンスを逃すのと同じ。
今までだったら「何であんなブサイクと美人が・・・」なんてふて腐れてたけど、今回はとても良い学びとなりました。
美男美女だけが勝ちではなく、あんな自分と大差ない人が素敵な女性を持っていった。
男は見た目やスペックだけじゃない、だって間違いなくこの目で逆転劇を見たのだから!

本当に自分を客観的に見れるかは大事ですね。
年齢を重ねるごとに見えなくなっていたように思います。
はぁ・・・それにしても自分に自信がない、プライドが高い、とても胸にズシリと響きます。
でも意識できればいくらでも変えられるので、しっかり受け止めて今後の婚活に活かしていこうと決意しました。

教訓:

「私は意識をしないと上から目線になる」
「口にする前に、ワンテンポ考えてから話す」

★コメント欄は下にスクロール!★
ご意見ご感想お待ちしております
婚活経験者、既婚・独身問わずアドバイスをお聞かせください。
活動や記事作成の参考にさせていただきます!
記事一覧はコチラ

ブログランキング参加中!現在は何位?

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

>