婚活パーティー8-1 女性満席!男性急募のお食事付きパーティーへ

私の住む地方は、やっぱり男性比率の方が多いです。
パーティー予約も男性先行が基本、女性が満席などなかなかありません。
今回は女性がキャンセル待ちとなり、男性が不足で急募!
出会う人数を増やす、分母を増やすことが大事ですので予定を返上して参加しました。

広告

運営名に覚えがある。少し嫌な予感(婚活パーティー活動編)

パーティーの運営元を最近は見るようにしている。
進行の流れや会場が事前にわかるので、何かと効率的。
パーティーのも全国展開している専門会社もあれば、地元の結婚相談所主催もある。
会社名をググれば大体わかってきます。

一応、運営元を見ると以前参加したことのある会社名。
たしか結婚相談所が主催。
今までの経験から相談所主催のパーティーは男女とも会員さんが多いです。
それ自体は何も気にしないです。
ただ唯一気になるのが、「同じ方とお会いするかも」

いや、別に私は構いません。
心理学でも、一度「ナイ」判定になったら相当覆らないのは理解しています。
それはそれで仕方がないですし、ある意味割り切って話せるので苦にはならないです。
狭い世界なので同じ方とまた会うのは避けられないです。
そもそもまた会って困るような失礼な態度はしてませんので。
また会うのを結構嫌がる人も多いようですね。

私はまったく良いのですが、女性が「またこいつかよ・・・」と思われるのは辛いです。
少し被害妄想的になりがちなので、以前会ったことのある方への対応を必死で調べました。
ついつい「この前はどうも」となりがちだけど、あまりこういう会話は良くないみたい。
他の参加者の目もあるので、この人はしょっちゅう参加している=常連と思われるのはマイナス印象。
自然にはじめまして!のスタンスが当たり障りのない対応のようです。

会場は地元で少し有名な予約も取りずらい飲食店の一室を貸し切り。
なので少し高めの参加費でしたが仕方ありません。
会場に着き待っていると、見覚えのある女性がチラホラと。
あらかじめわかっていたので、まぁそうだよねと驚きはしません。

男性8:女性7
女性満席とあったけど、こんなものでしょうか?キャンセルとかあったのかもしれませんが。
最近視力が落ちてきたのでメガネをかけて女性を見ます。
「うっ、確かこの方は以前に・・・」
「あ、この方も」
結局、7人中3人は以前お会いしたことのある方でした。

関連記事

会場に入ってどんな人がいるのか見回したりするのってどう思いますか? この時は何か「品定め」しているようで失礼なことと思ってました。 まぁ実際のところ品定めなんでしょうけど。 たまに目があってしまうこともありますが自然なこと。 これは[…]

Far

別にお相手はどう思うかわからないけど、自分は気まずくもないし普通に話せる。
普通にはじめましてのスタンスで良い。

広告

以前会ったのは女性の方が覚えている

こんにちは、まつたけと申します。

以前お会いした事がある女性。

(プロフをじっと見て)
あぁ、はいはい。

大体みんなこんな感じです。
まぁそうなっちゃいますよね。
別に自分は会話の練習だと思ってるから、一生懸命話します。
中には、あからさまに冷たい態度をとる方もいました。
もうナイ人なので仕方がないのでしょうけどね。

こういう関心のない人への接し方は男女とも本性が出ると思っています。
きっと本当の「優しい人」というのは、誰に対しても平等の態度で接しています。
自分より下の立場の人、人に対して上も下もないのだけれどそういう見方を無意識に持つ人は多い。
例えばコンビニの店員さんやガソリンスタンドの方への接し方とか。
仮に一緒に生活するようになって、ケンカでもして自分が関心のない人と捉えられた場合、
自分にこういう冷たい態度になるのかな?と。

どんなに美人やかわいい人でも、一緒に生活していくのは難しいです。
この前までは最高の人だったのが、一気に価値のない人扱いに転落するのですから。
こんなジェットコースター気分の気持ちの上がり下がりがあったら何十年も寄り添うのは無理です。
まぁ心配しなくても自分は選ばれることはないし、余計なお世話ですね。

こんな感じでわかってはいましたが、全員と粛々とお話をしました。
自分ではよく話ができた方だと思います。
別に同じ方と話すのは無駄ではない!これも何か自分の上達への実になると思うので。

twitterフォローもお願いします!
咲き誇れ婚活!まつたけ:@konkatumatutake

下のコメント欄からもご意見ご感想お待ちしております。
活動や記事作成の参考にさせていただきます!
記事一覧はコチラ

ブログランキング参加中です。現在は何位?

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

>